知事の同意を撤回し、玄海原発を再稼働しないよう求める要請書を手渡す吉田恵子世話人(右)=佐賀県庁

 玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に反対する唐津市などの市民団体が26日、山口祥義佐賀県知事宛てで再稼働への同意を撤回するよう求める要請書を提出した。

 唐津市の「原発と放射能を考える唐津会」と佐賀、福岡、長崎の3県の住民でつくる「玄海原発やめよう住民ネットワーク」が県庁で担当職員に手渡した。「福島第1原発事故の原因究明や収束はまだで、解決の見通しも立っていない」などと再稼働への不安を訴え、「知事は住民の安全を国と九州電力に人質として差し出しているとしか見えない」と抗議した。

 唐津会の吉田恵子世話人は「知事は同意を表明しているが、再稼働を止めるためにこれからも訴え続けていく」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加