男子70歳以上の部 初日4位から逆転優勝を飾った武部周清(若木GC)=花祭ゴルフ倶楽部

女子60歳以上の部 トータル167で優勝した山田美智代(吉野ヶ里町)=花祭ゴルフ倶楽部

男子中高生の部 2位に5打差をつけて圧勝した陣内優也(上峰町)=武雄・嬉野カントリークラブ

鵜木伸久競技委員長

 第24回佐賀県アマチュアゴルフ選手権大会最終日は20日、武雄市西川登町の武雄・嬉野カントリークラブと杵島郡江北町の花祭ゴルフ倶楽部で男女10部門の最終ラウンドを行った。男子一般の部は、初日71の首位で折り返した島本武司(武雄市)がプレーオフを制して初優勝した。

 男子50歳以上の部は梶原憲幸(多久市)が3連覇を達成。同60歳以上の部は深谷澄男(唐津市)、同70歳以上の部は武部周清(若木GC)、同80歳以上の部は藤本隆(唐津市)、同中高生の部は陣内優也(上峰町)がそれぞれ頂点に立った。

 女子49歳以下の部の松尾麻子(武雄市)と同50歳以上の部の平岡美智子(北山CC)は2年ぶり3度目の優勝。同60歳以上の部は山田美智代(吉野ケ里町)が2年連続の頂点に立った。同中高生の部は松尾奏(佐賀市)が4年連続5度目の栄冠をつかんだ。

《大会講評 鵜木伸久競技委員長 1打争う熱戦で盛況》

 男子一般の部と同60歳以上の部でプレーオフになるなど、選手たちが1打を争う素晴らしいゴルフを見せてくれて、とても盛り上がった。表彰式では、よく日に焼けて生き生きとした表情を浮かべる選手たちの姿が印象的だった。

 厳しい暑さの中での大会となったが、多くの選手たちが最後まで身だしなみにも気をつけ、県内アマチュアゴルファーの手本となるような振る舞いをしてくれた。

 佐賀県ゴルフ界のさらなるレベルアップのためにも、今大会に出場した各選手がもっと腕を磨いて、来年の大会でまた会えることを楽しみにしている。

主催 (公財)佐賀県体育協会、佐賀県ゴルフ協会

後援 佐賀県、九州ゴルフ連盟

主管 大会実行委員会(佐賀県ゴルフ場協議会、佐賀新聞社、サガテレビ)

特別協賛 西九州トヨタ自動車株式会社

協賛 誠文堂印刷(株)、宮島醤油(株)、(株)九州カーラ商事、(株)プレースホーム

協力 武雄・嬉野カントリークラブ、フジカントリークラブ、佐賀ロイヤルゴルフクラブ、花祭ゴルフ倶楽部、唐津ゴルフ倶楽部、ブリヂストンカンツリー倶楽部、武雄ゴルフ倶楽部、佐賀カントリー倶楽部、北山カントリー倶楽部、天山カントリークラブ、日の隈カンツリークラブ、若木ゴルフ倶楽部、大和不動カントリー倶楽部、佐賀クラシックゴルフ倶楽部、多久ゴルフ倶楽部、福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部、山水ゴルフクラブ、筑後川リバーサイド豆津ゴルフ場、フジカントリークラブ嘉瀬川リバーサイドゴルフ場、むつごろうカントリークラブ、三根カントリークラブ、県内ゴルフ練習場

このエントリーをはてなブックマークに追加