台風18号、16日に九州接近

 非常に強い台風18号は15日、沖縄県の西の海上を北寄りに進んだ。勢力を保ったまま今後、東寄りに進路を変え、16日に九州に接近、17日に上陸する恐れがある。

 気象庁によると、九州南部と奄美では16日、局地的に非常に激しい雨が降る見通し。奄美では16日夕方、九州南部では16日夜には、風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。台風の北上に伴い、九州南部付近に停滞する前線の活動が活発化するため、西日本を中心に16日午後から大荒れの天気になる。

 台風18号は15日午前9時現在、東シナ海をゆっくりとした速さで北北東へ進んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加