佐賀西・森和樹選手

厳木・三木田晴選手

伊万里・波多智哉選手

白石・光武恭佑選手

 第99回全国高校野球選手権佐賀大会が7月8日に開幕する。大会を前に甲子園出場を目指す41校を紹介する。(メンバー表は左からポジション、名前、学年、投打、身長、出身中学。◎は主将)

■佐賀西 1番打者出塁し点を

 横手投げの遠江、上手投げの中島の両エースを中核に、そつなく守備をこなしながら攻撃のチャンスをうかがう。遠江と中島はいずれも正統派右腕で、丁寧な投球でリズムをつくる。

 攻撃のキーマンは先頭打者の森=写真。走力があり、積極的なプレーでチームに活気をもたらす。7番までは一発も期待でき、森の出塁で流れを呼び込み、得点に結び付けたい。山田監督は「守り勝つ野球は苦手なので、いかに打ち勝てるかがポイントとなる」と話す。

部長 平野 真司

監督 山田 和人

投 中島 龍彦 3 右右 179 上峰

捕 中村  光 2 右右 175 基山

一◎前川隆太朗 3 右右 173 鍋島

二 江口 久喜 3 右右 169 北山

三 山本 晃誠 2 右右 172 川副

遊 森  和樹 3 右右 177 三日月

左 中村 悠貴 3 右右 176 佐大附属

中 佐々木大航 3 右右 175 城東

右 居石 和也 3 右右 180 佐大附属

  遠江 颯太 3 右右 181 城東

  天本 翔三 3 右右 168 田代

  福井 奏大 3 右右 167 城西

  大江奨一朗 3 右右 169 大浦

  碇  朋樹 3 右右 170 上峰

  長田 武尚 3 右右 175 鍋島

  福永慎一朗 2 右右 157 成章

  田中 皓大 2 右右 171 城西

  副島 篤哉 2 右右 170 川副

  中平 皓貴 2 右左 172 佐大附属

  宮崎鷹次郎 2 左左 171 成章

■厳木 機動力を生かし攻撃

 昨夏を経験した選手が多いのが強み。6月に挙げた公式戦初勝利を自信に「一戦必勝」を期す。

 エースで主将の三木田=写真=が攻守の柱。昨夏から制球力を増しており、テンポよく打たせて取る。

 攻撃は上位打線を中心に機動力を生かす。打撃センスが光る1番山下、2番小松はともに俊足。濱村、佐々木ら中軸が勝負強さを発揮したい。

 4月から指揮を執る古賀監督は「自分にできることに集中し、一戦に全てをかけてほしい」と夏を思い描く。

部長 平野佐矢子

監督 古賀 飛鳥

投◎三木田 晴 3 右右 165 鬼塚

捕 山下 大聖 3 右右 172 唐津五

一 佐々木奨太 2 右右 166 浜玉

二 江島 隼人 1 右右 165 小城

三 天野 凌平 3 右左 156 唐津五

遊 小松 侑斗 3 右右 170 厳木

左 濱村 厚志 3 左左 169 厳木

中 小松 洵太 1 右右 161 厳木

右 手塚 尚吾 3 右右 170 三日月

  荒谷 圭祐 3 右右 172 多久中央

  岩田 世名 2 右右 165 浜玉

  脇山翔一朗 2 右右 165 浜玉

■伊万里 継投と打ち勝つ野球

 絶対的エースを擁して4強入りした昨年とチームカラーは大きく変わり、細かい継投と打ち勝つ野球を掲げる。昨年もスタメン出場して経験豊富な捕手・波多=写真=を攻守の要に据え、一戦必勝で臨む。

 投手陣は先発右腕の岸川、軟投派の久地浦、速球派の迎とタイプの違う3人がそろう。切り込み役の2年生犬塚は俊足で、確実性の高い打撃も期待できる。吉原監督は「ビッグイニングをつくれるように、下位打線にも奮起を促したい」と話す。

部長 草津 泰英

監督 吉原 彰宏

投 岸川 海斗 3 右右 170 伊万里

捕 波多 智哉 3 右右 172 青嶺

一 山口 佳洋 3 右右 167 武雄北

二 江頭 広星 3 右右 164 伊万里

三 岩崎 優太 3 右右 175 西有田

遊 犬塚 晃海 2 右左 166 啓成

左◎吉富 友拓 3 左左 162 啓成

中 古賀 昭人 2 右右 174 北波多

右 松尾 広大 3 右右 171 啓成

  吉原 啓太 3 右右 174 伊万里

  久地浦拓也 3 右右 169 国見

  松隈 壮紀 3 右右 168 啓成

  吉田 怜央 3 右右 165 青嶺

  井本 凌輔 3 左左 172 南波多

  濱田 雄大 3 右右 168 相知

  田中 大輝 3 右右 171 国見

  木須 史大 3 右右 181 啓成

  迎  太陽 3 右右 186 有田

  岩下 敦紀 3 右右 172 青嶺

  岩下 慶信 3 右右 171 青嶺

■白石 集中打で畳み掛ける

 「アウトと引き替えに走者を進めるより、集中打で一気に畳み掛けるスタイル」と片岡監督。攻撃型のチームを自負し、大会の“台風の目”になることを狙う。

 昨秋の県大会で2本の先頭打者本塁打を放つなど勝負強い光武恭=写真=を3番に据える。経験豊富な4番溝口はバットコントロールに優れ、他の打者も長打が期待できる。

 守備の要はスリークオーターの光武拓。微妙な球の変化で打者のリズムを崩す。片岡監督は「相手がどこでも勝つ力はある」と選手を鼓舞する。

部長 本村 邦彦

監督 片岡 修史

投 光武 拓朗 3 右右 171 有明

捕 笠原 礼道 3 右右 170 有明

一 岩永 幸大 3 右左 171 白石

二 江口 朋弥 3 右右 176 白石

三 田代 航介 3 右右 175 三日月

遊 光武 恭佑 3 右右 172 三日月

左 溝口 創太 3 右右 171 白石

中◎平木 陵雅 3 右左 172 三日月

右 鹿  晃聡 3 右右 180 大町

  今村 大輝 3 左左 172 大浦

  石丸 隆寛 2 右左 164 白石

  池田 龍平 2 右右 177 白石

  下  祐介 3 右左 171 山内

  山口  凌 2 右右 168 武雄

  中村 達也 3 左左 171 有明

  諸岡 真宙 2 右右 172 白石

  渡邊 了佑 3 右左 174 三日月

  森  健太 3 左左 170 白石

  山口綜一郎 2 右左 172 福富

  石瀧 郁也 1 右右 168 西部

このエントリーをはてなブックマークに追加