明治安田生命J1リーグ戦第2ステージ第9節は20日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムなどで9試合があり、サガン鳥栖はジュビロ磐田と1-1で引き分け、勝ち点18として3位に浮上した。通算成績は9勝8分け9敗(勝ち点35)で11位。

 鳥栖は前半12分にMF鎌田の得点で先制。その後は、GK林を軸に堅い守りを見せたが、終了間際にPKで失点した。

 川崎は浦和に2-1で勝って勝ち点を22に伸ばし、再び首位に立った。年間順位の1位も守った。浦和は11戦ぶりの黒星を喫し、得失点差で2位に後退した。柏は名古屋を3-1で退けた。名古屋は17戦勝利なし。鹿島は湘南を下した。大宮は仙台に競り勝ち、FC東京は横浜Mを、甲府は広島を破った。新潟は福岡に快勝した。

 第10節は24、27の両日にあり、鳥栖は27日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムでアルビレックス新潟と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加