男子団体準々決勝・三瀬-東海大浦安 中堅戦でメンを狙う三瀬の庄島陸人=佐賀市の県総合体育館

 男子団体の三瀬は準々決勝で東海大浦安(千葉)に敗れて5位。県総体2位で地元開催枠で出場し、敢闘賞まで躍進したが、副将の本間壮太郎主将は「それでもやっぱり悔しい」と答えた。

 1、2年中心のチームで3年の本間と先鋒・岸川昭矢の2人がけん引。今回は久御山(京都)や壬生(栃木)など名門を破って勝ち上がった。

 東海大浦安戦は2年の庄島陸人の白星にとどまったが、「いいところが出せれば、もうひとつ上がれた」野田秀和監督。「予選から3年生がチームを引き上げてくれた」と2人の頑張りを評価した。

【選手ひと言】

 浜玉・小柳総司(2年生ながら男子個人で5位)初めての全中で思い切りやった。悔しさとうれしさの両方があり、来年は優勝を目指して頑張る。

このエントリーをはてなブックマークに追加