ノロウイルスによる食中毒を予防しようと、県食品衛生協会杵藤支部の指導員らが鹿島市の七浦保育園で手洗いを指導した。3~6歳の園児と保護者計約50人が参加し、正しい洗い方を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加