体操個人総合決勝でこの8年間、誰もなし得なかった「打倒・内村」は目前だった。ウクライナのベルニャエフ選手は最後の鉄棒で、わずか0.099ポイント差で逆転を許した。「金メダルは手の届くところにあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加