女子準々決勝・龍谷中-神埼中 副将戦で相手のメンを狙う龍谷中の吉田梨乃(左)=県総合体育館

 昨年の覇者・龍谷中(佐賀)が準々決勝で神埼中A(同)に2-1で敗れベスト8で姿を消した。それでも吉村拓也監督は「気持ちのこもった剣道を見せてくれた」とねぎらった。

 神埼中には7月の県中学総体の決勝リーグ進出戦で敗れており、「借りを返そう」(吉村監督)と挑んだ。しかし、1-0で迎えた副将戦で主将の吉田梨乃が「決める」とメンを打ち込んだところにコテを返されて1-1に。続く大将戦は2本の反則で一本を取られ、雪辱することができなかった。

 唯一の3年生としてチームをけん引してきた吉田は「剣道に対する意識と努力がまだ足りなかった」と悔しそう。「神埼に勝つのはもちろん、もう一度県一を目指してほしい」と後輩に思いを託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加