宮崎県日南市の崎田恭平市長(37)が昨年末、無料通信アプリLINE(ライン)で、部下の女性職員に宛てた、ハートマーク付きの好意をうかがわせる私的なメッセージを、約50人の市職員に誤って一斉送信していたことが分かった。日南市が24日明らかにした。

 文面がネット上で拡散され「不倫やセクハラではないか」と批判の声が上がっている。崎田市長は23日の市議会で「女性とは不適切な関係ではない」と説明したという。自身の子育ての様子をホームページなどで紹介し、仕事や育児の両立を後押しする「イクボス宣言」をしていることもあり波紋が広がっている。

 市によると、昨年12月30日、インフルエンザで仕事を休んでいた女性職員に「会いたかったな」「変(代)わってあげたい」などと絵文字を入れたメッセージを送ろうとし、宛先を間違えた。

 崎田市長は市議会で混乱を招いたことを陳謝。市はパワハラやセクハラの事実はなかったと説明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加