誕生した佐賀県弁護士会マスコット「よか丸くん」の着ぐるみと長戸和光会長

 佐賀県弁護士会のイメージキャラクター「よか丸くん」の着ぐるみが完成した。愛らしい“ゆるキャラ”でデザインには佐賀の特徴も盛り込まれ、会のPRとともにお堅いイメージのある弁護士と市民との距離を縮めるのに一役買う。

 よか丸くんは佐賀藩にちなんだ少年の侍で、2012年8月に誕生した。弁護士のシンボルのひまわりが飾られ、バルーン型の帽子やサガン鳥栖のカラーなどを取り入れて佐賀もアピールする。イベントなどで活用しようと着ぐるみを作った。

 夏休みに行われた小中学生の裁判所見学でデビューし、「かわいい」「一緒に写真を撮りたい」などと子どもたちにも好評だった。長戸和光会長は「よか丸くんを通して弁護士会にも親しみを持ってもらえれば」と期待を込める。

このエントリーをはてなブックマークに追加