熊本地震からの復興を願い、国内外で活躍するクリエーターら170人がボランティアでデザインした「藍色カップ」の展示と一部の販売が、西松浦郡有田町の有田焼卸団地内の「キハラ」で開かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加