佐賀県は、「子ども・若者育成推進サポーター(仮称)」制度を創設する。子どもクラブなどで活動している人の中からサポーターを養成し、学校や関係団体の連携を進め、地域活動の活性化を促す。3月に養成講座を開講する予定。

 サポーターは、例えば子どもにいじめや虐待を受けている兆候があったり、対人関係に困難を抱えていたりした場合、学校や公民館、体験活動に取り組むNPOなど関係機関と連携して支援にあたる。

 これまでは青少年育成アドバイザーが担っていた。2007年度に県のアドバイザー認定制度が終わり、現在登録者39人のうち60歳以上が半数を占める。高齢化に伴い担い手が不足しているため、サポーター制度を創設した。

 養成講座は60分の講座4回などを予定。子どもと若者が置かれる家族関係や友人関係といった社会的環境や、関係機関の連携の取り方を学ぶ。必要数を受講すれば、認定証を発行する。1期生は市町から推薦を受ける。認定証は2年に1度更新する。受講は無料。

 県はサポーターに対し、関連のシンポジウムや研修会に住民の参加を促す広報活動のほか、市町を超えてノウハウの共有を期待している。県が登録している青少年育成アドバイザーはサポーターへの切り替えを検討している。

このエントリーをはてなブックマークに追加