男子準々決勝・北方中A-韓国選抜 中堅戦で北方中Aの中村悠斗(右)がメンを奪い、一本勝ちを収める=県総合体育館

■「最後の試合」3年生一丸

 県勢男子で唯一ベスト8に残った北方中Aは、準々決勝で韓国選抜に挑んだ。先鋒の副島優音と中堅の中村悠斗がそれぞれ一本勝ちしたが、副将と大将戦はメンを2本ずつ決められて本数差で敗退。それでも、岡裕哉監督は「選手たちは集中し、力を出し切ってくれた」と健闘をたたえた。

 オール3年生で「最後の試合」と臨んだ今大会。初戦、桜が原中(長崎)に4-0と快勝して勢いづいた。5回戦は九州学院中(熊本)に先行されながら、大将戦と代表者戦で金井拓也が起死回生のメンを放ち競り勝った。

 徹底してメンを打ち込んでくる韓国選抜にもひるまず、あと一歩まで追い詰めた北方中の剣士たち。近年は県総体で決勝リーグに進むようになり、今年は3位と躍進した。中村主将は「チームワークで戦い切ることができた。後輩たちも岡先生と一丸で頑張ってほしい」とエールを送った。

=大麻旗剣道 中学生大会=

このエントリーをはてなブックマークに追加