約6500本の梅が栽培されている伊万里梅園藤ノ尾=伊万里市木須町

 伊万里市木須町の伊万里梅園藤ノ尾で26日、伊万里梅まつりが開かれる。多彩なイベントが企画され、梅加工品の直売なども楽しめる。

 市街地を見下ろす丘陵地の梅園は、西九州一の規模の約24ヘクタールに約6500本が栽培されている。今年は暖冬の影響で開花が早く、雨と風の影響で散り始めている品種も。関係者は「見ごろの品種もあり、かれんな花を楽しんでほしい」と話している。

 梅まつりは午前10時~午後3時。餅つきや梅の種飛ばし大会、梅サイダー早飲み大会のほか、市内の小学生が梅について学習した成果発表、園児による太鼓などが行われる。梅酒や梅ジャムなどの加工品、新鮮な農産物の販売もある。

 園内の有料駐車場は500円。車から降りずに観梅が楽しめる車コース(300円)を新設した。JA伊万里本所から伊万里駅を経由する無料シャトルバスも運行する。問い合わせはJA伊万里、電話0955(23)5560。

このエントリーをはてなブックマークに追加