西有田中の下平博明校長(右)に目録を手渡す池田憲正社長=有田町役場

■食品製造販売「ありた」社長

 有田町の食品製造販売会社「ありた」(池田憲正社長)が20日、西有田中(下平博明校長)に図書購入費100万円を寄付した。有田町役場であった贈呈式で池田社長は「町の未来を担う若者の育成に役立てて」と話した。

 同社の設立40周年を記念し「育ててくれた地域に恩返ししたい」と図書購入費の寄付を計画した。会社の近くで、池田社長の母校でもある同校に贈ることにした。

 下平校長は「蔵書の充実は学校での教育に欠かせない。郷土愛と豊かな人間性を育てる本を選びたい」と感謝した。司書や教諭と相談して購入図書を選定し、夏休み中にも図書室にコーナーを設けたいとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加