461人が挑戦した県職員採用試験=佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス

 佐賀県職員採用試験(大卒程度)の1次試験が25日、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスであった。行政職の採用枠が減ったことが影響し、受験者数は前年より27人少ない461人となった。

 行政の採用予定者数が前年の38人から10人に減った一方、教育行政(30人)の区分が新設され、全体では前年比12人増の92人。平均倍率は5・0倍だった。

 午前に教養、午後に専門分野の試験を実施した。教養では県の事業や取り組み、県内の文化財、県が推進する情報通信技術(ICT)に関する問題もあった。

 1次試験の合格発表は7月7日を予定する。2次試験は7月中旬~8月上旬に行い、最終合格者は8月下旬に発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加