農水省は、2016年産の荒茶生産量を公表した。佐賀県など主産地12府県の生産量は前年比1%増の7万7100トン。佐賀県はほぼ前年と同じ1240トンで、全国9位だった。

 このうち一番茶が654トンで、2番茶417トン、3番茶61トン。県内の摘採面積は前年比5%減の1320ヘクタールで、生葉の収穫量は前年とほぼ同じ5490トンだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加