全国菓子大博覧会で厚生労働大臣賞を受賞したことを塚部芳和市長(左)に報告した「さかえ菓子舗」のパティシエ内田剛さん

■さかえ菓子舗のパティシエ内田さん

 「第27回全国菓子大博覧会」で厚生労働大臣賞を受賞した伊万里市立花町の「さかえ菓子舗」のパティシエ内田剛さん(55)が伊万里市役所を訪れ、塚部芳和市長に受賞を報告した。

 受賞作は米粉を使った焼き菓子「ふんわりくっきぃ」で、地元産ナシや茶、紅茶、イチゴ、黒米の5種類の味がある。和三盆糖を使った上質な甘さが特長で、店舗のほかに佐賀市のセレクトショップでも販売されているという。

 博覧会は4月21日から5月14日に三重県で行われた。専門家による味や企画力の審査に加え、今回から導入された消費者による投票結果も加味して受賞者を決定した。

 報告を受けた塚部市長は「オール伊万里の材料でおいしい。お菓子の神様の御利益がようやくあったようだ」と受賞を喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加