健康寿命延伸連携の協定書に署名し、交換する後藤寛雄大塚製薬福岡支店長(右)と小松政武雄市長=武雄市役所

 大塚製薬福岡支店と武雄市は、市民の健康づくりで協力・連携する「健康寿命延伸連携協定」を結んだ。今後、食育講座や健康セミナー開催などで連携する。

 大塚製薬は昨年2月に佐賀県と同様の協定を結んでいる。活動の幅を広げるため市町にも連携を呼び掛け、武雄市が応じた。

 武雄市が取り組んでいる健康ポイント事業やウオーキング企画「タケさんぽ」などでの連携や、小中学生に配布しているタブレットへの健康教材提供など、さまざまな分野で市民の健康増進を図る。

 このほど市役所で協定の締結式があり、後藤寛雄大塚製薬福岡支店長が「市民の健康をサポートしていきたい」とあいさつ。小松政市長も「健康のパイオニア企業と連携し、市民の健康増進につなげたい」と応じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加