鳥栖-浦和 後半20分、先制点を決め、鎌田大地選手(右)らと喜ぶ鳥栖FW小野裕二選手(左から2番目)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第16節の25日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで浦和レッズと対戦し、2-1で競り勝った。通算成績は6勝5分け5敗(勝ち点23)で、順位は二つ上がって10位。 ドイツ1部リーグ・アイントラハト・フランクフルトへ移籍するMF鎌田大地選手の鳥栖でのラストゲーム。鳥栖は後半、FW小野裕二選手とMF福田晃斗選手がゴールを決め、浦和の反撃を1点に抑えた。

 試合後のセレモニーで鎌田選手は鳥栖での2年半に触れ、「このチームじゃなかったら今の僕はない」と感謝の言葉を述べ、新天地での活躍を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加