「地元を大切に活動の場を広げたい」と話す桃咲まゆさん=佐賀市の佐賀新聞社

凱旋(がいせん)ライブで歌と踊りを披露する桃咲まゆさん(左)=佐賀市のモラージュ佐賀

 九州発のアイドルグループ「LinQ(リンク)」が4月で結成6年を迎えた。活動の場を全国に広げようと、7月にはメンバーが再選考され、新メンバーも加わる。グループの中心メンバーとして活躍する佐賀市出身の桃咲まゆさん(22)に、これまでの歩みと新プロジェクトへの意気込みを聞いた。

 -昨年末に所属プロダクションから新プロジェクトが発表された。

 正直、戸惑いもあったけど、グループの在り方についてメンバーと話す機会が増え、いい方向に変わってきているという実感があります。LinQをよりよくするプロジェクトなので、いいきっかけにしていかなきゃいけない。

 -5月の福岡・東京公演で客席の8割以上が埋まれば、新グループやミュージカルの劇団も発足する。新たな挑戦が始まるが、前向きな気持ちが大きい。

 6年たてばもっと有名になってるんじゃないかって思っていたけど、まだ力不足。新しいことにチャレンジできるので、課題を与えられて良かったと感じています。

 -メンバー改編により、卒業や脱退の可能性もある。

 基準は明確に伝えられていないので正直どうなるのか分かりません。でも、やるべきことをがむしゃらにやっていくことが今の自分にできることだと思っています。

 -高校2年、16歳でデビュー。当時を振り返って。

 歌や踊りはゼロからのスタート。デビュー前の1カ月間で与えられた10曲をすべてマスターしないといけなかったけど、全然覚えられなくてレッスン中に泣いちゃったことも。踊りが上手なリーダーの天野なつちゃんをいつも後ろから見ながら必死で習得しました。

 -同級生は大学を卒業、この春から新社会人として歩み出した。

 これまでLinQしかないと思ってやってきました。自分で選んだ道なので迷いはなかったし、これからも芸能活動を続けていきたいという思いが強いです。

 -今後の目標は。

 活動の場を広げて、たくさんの人に元気を与えられたらと思う。そのためにも全力でプロジェクトに臨んで、佐賀の人たちにもLinQのことをもっと知ってもらいたいです。

■LinQ再開発プロジェクト

・福岡公演

福岡市中央区の福岡市民会館

5月5日 16時開場、17時開演

・東京公演

東京都中野区の中野サンプラザ

5月27日 17時開場、18時開演

 両日全席指定、5000円(開場時間の1時間前から当日券販売)。予約はチケットぴあ、電話0570(02)9999、ローソンチケット、電話0570(084)008(福岡公演)、電話0570(084)003(東京公演)。

このエントリーをはてなブックマークに追加