最終ホールまでもつれる大接戦となった男子一般の部を制したのは初日首位の西尾公孝。最終18番で勝負を決めるパーパットを沈めると、ハイタッチして喜びを爆発させた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加