女子5人で果敢に戦い、1勝を挙げた富士少剣のメンバー=県総合体育館

 ○…女子5人で大会に臨んだ富士少剣が伸び伸びと戦い、1回戦で白星を飾った。2回戦は強豪の如水館B(福岡)に0-4で敗れたが、森田要監督は「積極的に攻めることができ、内容は良かった」と評価した。

 道場メンバー13人のうち上級生が女子のみということで組んだ布陣。大草野少剣B(嬉野市)との初戦は5-0で完勝を収めた。男子5人の如水館B戦は、4年生の先鋒中島京香が粘って引き分け。望みをつないだが、その後はスピードで上回る相手に及ばなかった。

 果敢に立ち向かった末にメンとドウを取られた大将の本間華子は「今までの二本負けよりいい試合だった」と手応えを感じていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加