佐賀新聞社を訪れたライオンズクラブ国際協会337-C地区ガバナーの乗田泰さん=佐賀市

 ライオンズクラブ国際協会の337-C地区(佐賀・長崎)ガバナーに就任した乗田泰さん(66)=伊万里市大坪町=が21日、佐賀市の佐賀新聞社を訪れた。青少年育成活動に力を入れることなどを紹介した。

 社会奉仕の精神で地域の生活、文化、福祉の向上に寄与しようと、献血や薬物乱用防止、角膜移植など、多岐にわたるライオンズクラブの活動。同地区は今期、「奉仕が支える みんなの未来」のスローガンを掲げ、青少年育成推進活動に尽力する方針。乗田さんは「ニーズをつかんだ活動を推進し、クラブが地域の火付け役になれば」と意気込みを語った。

 乗田さんは「4大監査法人」の等松・青木監査法人(現・監査法人トーマツ)に勤務後、乗田公認会計士事務所の所長を務める。1983年に伊万里ライオンズクラブに入会した。

このエントリーをはてなブックマークに追加