大型で非常に強い台風18号は15日、東シナ海を北東に進んだ。17日から18日にかけ日本列島に沿って北上する見込みで、日本の南にある前線の活動も活発化するため、気象庁は、九州から北海道の広い範囲で暴風や大雨による河川の増水、氾濫や土砂災害に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風は17日には九州にかなり接近し、上陸する恐れがある。そのまま日本列島に沿って進み、18日には暴風域を保ったまま東北や北海道に接近すると予想されている。

 九州南部から日本の南海上には前線に伴う発達した雨雲があり、台風の接近とともに北上する。

このエントリーをはてなブックマークに追加