GK岩下祐太

PV酒井翔一朗

攻守の核として活躍が期待されるCB金東喆

 第42回日本ハンドボールリーグ男子が26日、愛知県のウィングアリーナ刈谷などで開幕する。トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、新加入した韓国代表の司令塔、CB金東喆(キム・ドンチョル)を起爆剤に上位4チームによるプレーオフ進出を目指す。

 チームは昨季3勝1分け12敗で3年連続の8位。「堅守速攻」を武器に上位進出を目指したが、司令塔の不在と勝負どころでの連係ミスが響いて失速した。石黒将之監督は「わずかな差で接戦を落とし続けた苦しいシーズンだった。今季は勝負強さを課題に勝ちきるチームにしたい」と意気込む。

 攻撃の起点は期待の司令塔・CB金。相手の意表を突くパスで好機を演出し、試合の流れを読んでゲームを組み立てる役割を担う。鋭いステップとシュート力は世界トップクラスで得点源としての期待も大きい。

 守備は日本代表合宿を経験したPV酒井翔一朗、LB八巻雄一が中心。抜群の瞬発力を誇るGK岩下祐太とともに堅守を支える。今季は対戦相手によって攻撃的な守備陣形を使い分け、速攻にもつなげたい考えだ。

 個々の能力も確実に向上している。昨季シュート阻止率リーグ1位のGK岩下に加え、主将のGK下野隆雄が7メートルシュート阻止率でタイトルを獲得。ベテランのRW鈴木済も7メートルスローでリーグ1位に輝くなど、上位陣と渡り合う戦力が整いつつある。

 3回戦総当たりとなり試合数が1・5倍になる今季は選手層の厚さもポイントの一つ。PV野田巨樹、CB中本和宏、CB津山弘也ら途中出場が予想される選手の活躍もシーズンの結果を大きく左右しそうだ。

 26日の初戦は、愛知県で昨季レギュラーシーズン3位のトヨタ車体(愛知)と対戦。リーグ戦は県内で9試合があり、9月2日午後3時から神埼中央公園体育館で琉球コラソン(沖縄)と戦う。

日本リーグ試合日程

【8月】

26日 トヨタ車体(14時・愛知)

【9月】

2日 琉球コラソン

     (15時・神埼中央公園体育館)

9日 大同特殊鋼(16時・熊本)

16日 大崎電気(15時・佐賀県総合体育館)

23日 北陸電力(15時・福井)

24日 豊田合成(15時半・愛知)

30日 湧永製薬(15時・神埼中央公園体育館)

【10月】

15日 トヨタ自動車東日本(正午・香川)

22日 大同特殊鋼(15時15分・愛知)

29日 琉球コラソン(14時・沖縄)

【11月】

3日 トヨタ車体(14時・長崎)

5日 大崎電気(13時・広島)

11日 豊田合成(15時・芦刈文化体育館)

18日 北陸電力(15時・神埼中央公園体育館)

23日 湧永製薬(14時・広島)

25日 トヨタ自動車東日本

       (15時・神埼中央公園体育館)

【12月】

9日 トヨタ車体(13時・広島)

10日 琉球コラソン(12時・愛媛)

16日 大同特殊鋼

       (15時・神埼中央公園体育館)

【2月】

10日 豊田合成(15時半・愛知)

12日 大崎電気(14時・福岡)

17日 北陸電力(15時・神埼中央公園体育館)

25日 湧永製薬(15時・佐賀県総合体育館)

【3月】

3日 トヨタ自動車東日本(13時・宮城)

 トヨタ紡織九州メンバー表

▽オーナー    吉川 靖司

▽GM      藤瀬  輝

▽監督      石黒 将之

▽コーチ     松野 雅崇

▽トレーナー   古川 知明

         瀬川 拓実

▽選手

1 GK 小峰 大知 22 180 85

2 RB 中畠 嘉之 34 176 82

3 LB 田中 大斗 25 180 82

4 LW 上田 宏紀 32 172 70

5 RB 松浦 慶介 26 183 85

6 CB 中本 和宏 26 173 85

7 CB 津山 弘也 23 173 80

8 RW 荒川 蔵人 24 177 75

11 RW 美並 省吾 22 172 70

12 GK 岩下 祐太 26 183 85

14 LW 梅本 貴朗 25 170 69

15 PV 野田 巨樹 27 183 90

16◎GK 下野 隆雄 29 185 93

18 LW 藤本  拓 33 172 72

19 RW 鈴木  済 32 176 71

20 LB 八巻 雄一 26 185 84

21 PV 鈴木 優太 27 180 83

22 PV 酒井翔一朗 25 188 110

23 CB 金  東喆 28 176 83

(左から背番号、ポジション、名前、年齢、身長、体重。◎は主将)

このエントリーをはてなブックマークに追加