東日本大震災の被害を「まだ東北で良かった」と発言し復興相を辞任した今村雅弘衆院議員(70)=比例九州、鹿島市出身=に関し、佐賀県の山口祥義知事は27日、「本当に残念。これからはぜひ被災地のために頑張っていただきたい」とコメントした。

 臨時県議会の休憩時、県議会棟で記者団に対応した山口知事は「(発言は)あり得ない。佐賀県民は東日本大震災、熊本地震でもいち早く駆け付けて一生懸命やったので。佐賀県民の思いということを…」と答えて、しばらく沈黙した後、「本当に残念」と言葉を継いだ。

 自身の知事選の時に今村氏の支援を受けたことなどを踏まえ、所感を問われると「こういったところは政治家の思いだったり矜持(きょうじ)だったりするので、それとは関係ないところで考えないといけない」と強調。「私は佐賀県民を代表しているので、県民の被災地に対する純粋な思いをしっかり発信しないといけない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加