鳥栖署は佐賀県三養基郡上峰町で26、27の両日、役場職員や年金機構の職員を名乗り、現金をだまし取ろうとするニセ電話が14件相次いだと発表した。このうち1件は100万円を詐取されており、警戒を呼び掛けている。

 鳥栖署によると、被害に遭ったのは70代女性。26日午前11時45分ごろ、自宅に町役場職員を名乗る男から「医療費の還付金がある」と電話があった。男の指示に従い、指定されたATM(現金自動預払機)を操作し、口座から100万円を送金させられた。詐欺事件として捜査している。

 同署は「不審な電話があれば、すぐに家族や警察に相談してほしい」と促している。

このエントリーをはてなブックマークに追加