めっきり見かけなくなったピンクの公衆電話のダイヤルを、小学生が慣れた手つきで回していた=江北町の社会福祉協議会

 なんと現役バリバリのピンクの電話があった。江北町社会福祉協議会の玄関わき。学校帰りに立ち寄った児童が、10円玉をチャリンと入れてダイヤルを回した。傘を忘れた帰り道、保護者に迎えにきてもらったこともあるという。「緊急時のため、使い方を知っておくのはいいこと」と、職員が温かく見守っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加