宮崎市のアパートで2013年、交際相手の女性=当時(27)=を殺害したとして殺人や死体損壊・遺棄などの罪に問われた無職東竜二被告(31)の控訴審判決で、福岡高裁宮崎支部(根本渉裁判長)は27日、「量刑判断を誤った」として求刑を超える無期懲役とした一審裁判員裁判判決を破棄し、懲役25年を言い渡した。

 一審宮崎地裁は、殺害前の約1カ月に及ぶ常習的な暴行の異常さを強調し「殺人を含む一連の犯行はより高度の悪質性がある」と判断。検察側の求刑は懲役25年だったが「市民感覚に照らして不当に軽い」としていた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加