民進党代表選の告示日を迎え、記者の質問に答える前原誠司氏=21日午前、国会

民進党代表選の告示日を迎え、記者の質問に答える枝野幸男氏=21日午前、国会

 民進党代表選は21日告示され、前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)が立候補を届け出た。9月1日の投開票に向けた一騎打ちの論戦がスタートした。国政選挙での野党共闘や消費税増税、憲法改正への対応が主な争点。両氏とも離党者続出を阻止しようと結束を訴えた。安倍政権に対抗する野党第1党の将来像をどう描くかが問われ、結果は野党再編に影響する可能性がある。

 蓮舫代表の辞任表明に伴う選挙で、新代表の任期は2019年9月末まで。前原、枝野両氏は全国8カ所で開かれる討論会や街頭演説で支持を呼び掛ける。立候補を模索していた井出庸生政調副会長は推薦人が確保できず、出馬を断念した。

 前原氏は共同記者会見で共産党を含めた選挙協力について「理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と見直す意向を明言。次期衆院選では原則として全ての小選挙区に候補者を擁立するとした。

 一方、枝野氏は「主体性を持ちながら、できることを最大限やる。一人でも多く当選させるのが大きな責任だ」と容認し、現執行部方針を踏襲する方針を示した。

 両氏とも安倍政権への対抗軸として「自己責任から支え合いの社会」を強調。財源となる消費税増税に関し、前原氏は「恒久財源を担保する責任を持ちたい」としたのに対し、枝野氏は「現状は上げられる状況ではない」と否定し、見解が分かれた。

 小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員(無所属)が年内結成を目指す国政新党に対し、前原氏が「理念政策が示された時に判断したい」と評価を保留し、枝野氏は「自民党の補完勢力の可能性が高い」と疑問を呈した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加