大規模災害が発生したとき、家族や親しい人以外の境遇にどれほど気を配れるだろうか。熊本地震から1年の節目に合わせ、高齢者や障害者ら「災害弱者」の視点から取材をして、その自問が強くなった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加