故人が残した預貯金を相続人でどう分けるかが争われた家事審判の決定で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は19日、従来の判例を変更し、「預貯金は現金と同様に、法律に定められた割合に縛られずに裁判所の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加