多布施川の水草を刈り取る佐賀銀行の行員たち=佐賀市

 佐賀銀行の行員約90人が20日、佐賀市の多布施川で清掃活動をした。胴長を着用した行員たちが川に入り、川底の草を刈り取って引き上げた。

 清掃活動は今年で20回目。護国神社近くの多布施川で約300メートルにわたり、行員たちが草刈りやごみ拾いをした。お盆までは子どもたちの水遊び場として開放されているため、毎年お盆過ぎに清掃している。引き上げた水草は2トントラック2台分になり後日、佐賀市が回収する。

 同行監査部の徳安茂隆さん(53)は「上流から流れてくる水草を拾うのがたいへんだった。地域の美化に少しでも貢献できればうれしい」と汗をぬぐった。

このエントリーをはてなブックマークに追加