東京都教育委員会は27日、2022年度に開校予定の都立の小中高一貫校について、教育課程の概要を発表した。世界で活躍する人材を育てるため、12年間を通じて語学教育に力を入れ、英語は小学1年から、第二外国語は中学から必修科目にすることを盛り込んだ。

 都教委によると、公立の小中高一貫校は全国で初めて。中高一貫教育をしている都立立川国際中等教育学校(立川市)の近くに付属小学校を設置する。

 フランス語や中国語といった第二外国語は、小学校では課外活動として触れる機会をつくり、中学では選択制の必修とする。数学や理科などを英語で学ぶ授業も導入する。

 外国籍や海外から帰国した児童・生徒の特別枠を設けるほか、海外留学しやすい環境の創出も目指すとした。

 定員は1440人程度を想定し、小学校は各学年80人、中学以降は各学年160人ほどとする。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加