女子は名札にリリヤンを下げ、おしゃれしていた(フィルムで撮影)

 リリヤンとは手芸用のカラフルなレーヨンひものこと。指を使って編むほか、縄跳びのグリップ部分のような形の器具でも作れた。昭和50年(1975年)前後、駄菓子屋さんで買って自作し、名札の安全ピンの部分にぶら下げるのが流行した。主に小学生女子の遊び。現在でも百円均一ショップなどで手に入る。

このエントリーをはてなブックマークに追加