鹿児島市のJR鹿児島中央駅と直結する商業施設「アミュプラザ鹿児島」に併設された観覧車で21日、係員がゴンドラの扉を閉め忘れ、乗客の中学2年の男子生徒2人と女性(20)の計3人がそのまま1周するトラブルがあったことが22日、分かった。3人にけがはなかった。

 運営する鹿児島ターミナルビルによると、観覧車は1周約15分で、最上部は地上約90メートル。21日午後1時50分ごろに男子中学生らが乗った際、係員が外から扉を閉めて施錠するのを忘れた。男子中学生らがゴンドラの内側から扉を押さえて対処し、降車後に係員に指摘した。

 同社は3人に謝罪。係員は「他の乗客の対応に気を取られていた」と説明しているという。同社は「安全対策と指導を徹底し、再発防止に努める」とした。観覧車は23日まで運休する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加