農林水産省は23日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査費用について、2017年度予算の概算要求で金額を明示しない事項要求とする方針を明らかにした。事項要求は6年連続。

 開門の是非を巡って複数の訴訟が続いており、調査開始の見通しが立たないため。年末の予算編成段階では、調査の実施が可能になる場合に備え、関連工事などの費用を盛り込む予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加