「花に嵐の例えもあるぞ さよならだけが人生だ」直木賞作家、井伏鱒二(いぶせますじ)による漢詩「勧酒」の名訳。せっかく咲いた花が嵐で散ってしまうことがあるように、親睦を深めた友人とも別れの時が来る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加