Q.2カ月前に夫が亡くなり、死亡退職金を受け取りました。夫には借金があり、死亡退職金はその返済に充てているのですが、全て返済できるかどうか分かりません。夫が残した借金の返済を免れる方法はないでしょうか?

 A.夫が亡くなったのを知ってから原則3カ月以内であれば、夫の住民票上の最後の住所を管轄する家庭裁判所に行き、相続放棄の手続きをすれば、借金を含む夫の遺産を一切受け継がないことができます。この3カ月間は「熟慮期間」と呼ばれ、期間の延長が認められることもあります。

 熟慮期間内であっても、相続放棄をする前に遺産の処分をしてしまうと、遺産を自分のものにする意思があるとみなされ、その時点で借金を含む遺産を全て受け継ぐことになります。これを「法定単純承認」といい、法定単純承認が生じた後は相続放棄をすることができません。

 相談のケースでは、妻が夫の死亡退職金を使っていますが、死亡退職金は遺族の生活保障を目的とした受取人の固有の権利とされ、一般的には遺産に含まれないものとして扱われていますので、遺産を処分したことにはなりません。相続放棄をしても、妻は夫の死亡退職を受け取ることができます。

 亡くなった夫の借金を返済することについては、一般的に期限の到来した借金の返済は遺産の現状を維持するのに必要な行為と考えられており、遺産の経済的価値を減少させるものでもないので、遺産の処分にはならないと考えられます。

 したがって、妻が夫の死亡退職金を使って夫の借金を返済しても、法定単純承認は生じないので、相続放棄をする上での妨げにはなりません。

(弁護士 酒井宏 佐賀市)

佐賀県弁護士会・電話無料法律相談 電話0952(24)3411

毎週火曜17時半~19時半、土曜13~15時半

このエントリーをはてなブックマークに追加