一時は海外まで渡った肥前狛犬がようやく生誕地に帰還=小城市立歴史資料館

 ○…小城市小城町内の民家跡のほこらから盗まれ、ネットオークションで全国を転々とし、一時はアメリカまで売り飛ばされた佐賀独自の石仏「肥前狛犬(こまいぬ)」がようやく生誕の町に安住の地を得た。

 ○…ちょうど1年前、肥前狛犬の保存活動団体の会員がアメリカから買い戻し、団体の活動拠点の多久市で“保護”。しかし、「やはり、生誕地に返すのが狛犬にとって幸せなこと」と、持ち主が小城市立歴史資料館に寄託した。

 ○…流転を繰り返した狛犬は、今度こそ生誕地から離れないようにガラスケースに囲まれて展示。資料館の関係者が時折、見に来て、仰ぎ見るような狛犬の安堵の表情に“ほっこり”。「マスコットとして、今度は海外からも人を引き連れてきて」と期待をかけていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加