「ロマンシング佐賀3」イラスト展の特設ブースに執筆する江島さん=県立美術館

 転機が訪れたのは大学時代。何となく書道教師を目指し東京学芸大学(東京都)の教育学部へ進学した。しかし、佐賀に比べると東京は書道教師の需要が低く、不安を覚えた。別の仕事をしながら趣味で書を続けようと思い始めたころ、大学に届いた1通のファクスが人生を大きく変えた。

 大学4年のある日、ドラマで使用する書の提供と、役者の監修を募集するファクスがテレビ局から届いた。「面白そうだし、記念にやってみよう!」と“ダメ元”で作品を提出すると、数日後に「撮影に来てほしい」と連絡があった。

 デビューを飾ったのは、2004年に放送された恋愛ドラマ「東京湾景」(フジテレビ)。主人公の相手役で和田聰宏さん演じる書道家が書いたとされる作品の制作や、書くときの姿勢、筆の運び方を教えた。少し関わるだけだろうと思っていた撮影だが、最終話へ進むにつれ韓国ロケも依頼され、急いでパスポートを作った。初回から大きな仕事を得た江島さんは、そこで知り合った美術スタッフの紹介でドラマの仕事が定着する。

 監修まで関わった作品は、「不信のとき」(2006年・フジテレビ)や「美しき罠~残花繚乱~」(2015年・TBS)、佐賀で撮影された映画「悪人」(2010年)など。作品提供のみの参加はフジテレビ系列で「東京タワー」(2007年)や「あんみつ姫」(2009年)、さらには大ヒットドラマ「リーガルハイ」(2013年)など約30作品に上る。「面白いことに不倫もののドロドロなドラマが多いんですよね」と笑いながら話す江島さん。

 監修に入るときは脚本もしっかり読む。「不信のとき」の撮影では、朝早い収録にもかかわらず書の練習をした主演の米倉涼子さんから「どうかな?」と相談された。先生という立場とは違うが指導を仰がれ、米倉さんのドラマにかける熱意はもちろん、技術を信頼して頼ってもらったことに、胸にこみ上げるものがあった。

 「手元の撮影のときはカメラがすごく近くて難しいんですよ」―役者の手元の代役や、書いたばかりのみずみずしさを残すため役者が入る直前に書くこともあり、一つの撮影の中でもいろいろな場面で参加する。最近はドラマの仕事は落ち着き、店の看板や商品ロゴの制作、書の実演などを行っている。

1.Visitor No.006 江島史織(書作家)

3.「ロマンシング佐賀」ロゴ執筆

4.本当はやめたかった…

5.地元、佐賀でも”

6.書とこれから

7.クリエイターを目指す皆さんへ

【動画】江島史織さんインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加