台風18号、きょう午後から明日にかけ最接近

 台風18号の接近に備え、佐賀県内では15日、風に弱いリンゴの収穫を急いだり、高潮を警戒して漁船を陸上の保管場所に引き揚げたりする作業が続いた。 

 佐賀市三瀬村の「まるじゅんリンゴ園」の関係者は高所作業車に乗ってリンゴの収穫に追われた。落下すると売り物にならないため、前日から計約800キロを収穫した。代表の小副川高浩さん(36)は「今年は熟期と3連休が重なり、観光で訪れる人たちにリンゴ狩りを楽しんでもらえると思っていた。(台風は)自然現象だから仕方ないけれど、恨めしい」とこぼした。

 17日の最接近に備えて佐賀市川副町の戸ケ里漁港では、漁業者が船を陸上に引き揚げたり、海上の避難場所に移動させたりした。

 16日からの3連休中に予定していた運動会を延期する学校や、敬老会を中止する自治体も出ている。

 16日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムで予定されているJ1リーグ・サガン鳥栖-ヴァンフォーレ甲府戦は、同日午前9時に試合の開催可否を判断し、サガン鳥栖公式ウェブサイトで発表する。(取材班)

このエントリーをはてなブックマークに追加