西松浦郡有田町議会の金武康男議員が、ケーブルテレビの放映で一般質問の一部を無断でカットされたとして説明を求めた問題で、町議会は15日、全員協議会を開いた。松尾文則議長と今泉藤一郎議会運営委員長は「町民の誤解を招く質問で、議会の品位に欠けると判断した」と主張した。金武議員は「納得いく説明になっていない。議長も議運委員長も中立性に欠けている」と反発し、平行線で終わった。

 カットされたのは、松尾議長の親族が経営する会社と議長の関係や、議長の議員資格に関する部分。一般質問後に松尾議長と今泉委員長が放映削除への承諾を求めたが、金武議員は応じなかった。

 松尾議長は「議会の申し合わせで問題発言があれば放映をカットできるとしている。議運委員長、副議長と協議して決めた」と説明した。今泉委員長は「根拠を示さずに実情を推定しており、民間企業の経営に影響を与えかねない。議会の申し合わせ通り議運を開くべきだったが、時間がなかった」と述べた。

 金武議員は「時間がなかったでは理由にならない。議員には発言の自由があり、議長の独断でカットするなどあってはならない」と批判した。

このエントリーをはてなブックマークに追加