1点目・2017J1サガン鳥栖-ベガルタ仙台

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第25節の10日、ベガルタ仙台と対戦し、1-4で敗れた。この一戦をMF高橋義希選手に振り返ってもらうとともに、甲府戦に向けた意気込みを聞いた。

 仙台はルヴァン・カップで4強に進出。調子を上げており、勢いに乗せてはいけないと警戒していたが、やられてしまった。

 前半11分に先制を許した後、やろうとしたことは間違っていなかったが、ボールを取られてショートカウンターの形で2点目を許した。人数は足りていたのに対応の仕方が悪かった。

 後半も自分たちのサッカーができなかった。3点目を奪われ、相手が思い切りのいいプレーを選択できる状況を与えてしまった。

 今季初めて連敗したが、ここで下を向いていてはいけない。この日の試合を忘れるのではなく、次に生かす。しっかり気持ちを切り替えたい。

 甲府は守りが堅いので、セットプレーやミドルシュートなどがいつも以上に大事になってくる。

このエントリーをはてなブックマークに追加