トヨタ紡織九州、初勝利を◇きょう、ホームで大崎電気戦

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、リーグ戦第4週の16日午後3時から、佐賀市の県総合体育館で大崎電気(埼玉県)と対戦する。チームはここまで3試合を戦って1分け2敗。ホームの声援を後押しに初勝利を挙げ、反転攻勢の糸口を見い出したい。

 宮崎大輔ら日本代表選手を擁する大崎電気は昨季、プレーオフを勝ち上がり2連覇を達成。今季もここまで2戦2勝と隙がない。

 15日に神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナであった練習では、大崎電気の細かいパス回しを想定。フットワークを生かした守備を展開し、PVの酒井翔一朗、野田巨樹がライン際で激しく体をぶつけ合うなど、ボールへの強い執念を示した。

 強豪との一戦に向けて石黒将之監督は「失点を25点以下に抑え、接戦に持ち込みたい」と意気込みを語った。

 16日の試合前とハーフタイムには清和高吹奏楽部の演奏もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加