映画に初挑戦する5人。「MADOKA(中央)以外も少しだけ登場しているので、そこにも注目して」と呼び掛けた=佐賀市の佐賀新聞社

「二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember」

ラジオ番組で、映画出演のきっかけなどを語るたんこぶちんの5人=佐賀市のNBCラジオ佐賀

■映画出演、主題歌も 活動広がる

 唐津市出身の5人組ガールズバンド「たんこぶちん」。2007年のバンド結成から10年。13年にメジャーデビュー、今年は新たに映画の出演や主題歌を担当するなど活躍の場を広げている。凱旋(がいせん)ライブやPRで故郷を駆け巡った5人に今後の抱負などを聞いた。(聞き手・中島佑子)

 ◆バンド結成10年を振り返って。

 MADOKA 高校生の頃にメジャーデビューさせてもらってありがたい。支えてくれる人たちがたくさんいるからこそ、表舞台に立てると改めて感じている。

 ◆地元で開かれた成人式で「故郷に恩返しをしたい」と抱負を語っていた。

 YURI 10周年を迎えられたことが恩返しかな。続けることは難しいと思うから。それが恩返しになっていればいいな。

 ◆ギターボーカルMADOKA(吉田円佳)は9月1日公開の映画「二度めの夏、二度と会えない君」のヒロイン役に抜てき。主題歌や劇中歌はたんこぶちんが手掛け、他のメンバーも出演する。

 MADOKA 私で大丈夫かなと最初はプレッシャーを感じた。撮影現場は温かく、他の共演者も年が近くて接しやすかった。

 NODOKA スタッフと機材が多くてライブとは違う緊張感があった。私はうなずくだけのシーンだけど、うなずくまでの間が難しかった。

 ◆休日の過ごし方は。

 YURI インドア派で、最近は家でマンガや小説を読んでいる。甘党なので1人でスイーツ食べ放題の店に行くことも。5人とも個性的で、メンバーの誕生日以外はほとんど別行動。集まった時にそれぞれが体験したことを共有していて、それがバンド活動や曲作りに生かされていると思う。

 NODOKA 古着が好きなのでよく買い物に行っているかな。

 CHIHARU 1人旅や友人と旅行に。最近は長野県松本市に行ったんだけど、唐津に似た風土でどこか懐かしかった。

 ◆佐賀には7月上旬の4日間滞在。母校の佐志小学校でライブ、佐賀新聞社の取材やラジオ出演と忙しかった。

 YURI 会う人たちが口々に「お帰り」と言ってくれてうれしかった。

 MADOKA 高校生の頃、よく怒られていた(恩師の)横井泉先生から「ライブパフォーマンスが良くなっている」と褒められたのが一番うれしかった。

 ◆今後の目標は。

 MADOKA これまでは提供してもらう曲が多かったけど、10周年になる前に「これじゃだめだ」と思って自分たちで曲を作り始めた。ライブで披露して少しずつ育ってきているので、いつかアルバムにしてみんなに届けたい。

 【たんこぶちん】ギターボーカルMADOKA、ギターYURI、ベースNODOKA、ドラムHONOKA、キーボードCHIHARU。保育園からの幼なじみや双子の姉妹で、2007年2月、小学6年の時にバンド結成。13年「ドレミFUN LIFE」でメジャーデビュー。

■「二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember」 劇中歌アルバム30日発売

 たんこぶちんの劇中歌集アルバム「二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember」は映画公開に先立ち、30日発売。主題歌「夏のおわりに」など6曲(ボーナストラック除く)を収録。標準のタイプA(1389円)と、ボーナストラックを含む全13曲のタイプB(2130円)、タイプAにDVDが付いたタイプC(2315円)の3種類。

このエントリーをはてなブックマークに追加