交流会で海外使節団について意見交換する参加者たち=佐賀市白山の県国際交流プラザ

 大学生らを米国西海岸に派遣する「佐賀県海外使節団」のこれまでの参加メンバーと派遣希望者との交流会が佐賀市であった。企業訪問や現地の人たちとの交流など派遣先でのさまざまな経験について意見交換し、希望者に現地の魅力を発信した。

 会合では、1期生から6期生までの8人が参加者10人に説明。独自に研修先やプログラムを決めたことや英語でのコミュニケーションなどを振り返り、「自分の目で見て、いろんな人と話し、学校では得られない学びになった」「いろんな人とつながる人脈の大切さを実感した」と紹介した。

 海外使節団は南カリフォルニア佐賀県人会が事業主体となり実施していて、8月の7期生の募集時期(31日まで)に合わせて交流会を開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加