原発の半径30キロ圏に入る自治体の避難計画の実効性を向上させるため、政府が2016年度第2次補正予算案に3億円程度の調査費を盛り込む方針を固めたことが23日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加